こころを、

ゆるめる。

こころをゆるめて、はたらく、生活する、を考える。

お知らせ

2022.5.31
社会生活適応訓練事業に係る協力事業所登録が完了しました。
2022.5
ホームページ開設しました。
2022.4.30
あかり図書室、1周年を迎えました。

福祉と民間がまざりあった社会をつくる、
をミッションとした、社会的企業です。


ひとつ、ウェルフェアトレードによる循環型社会貢献活動を広げます。
ひとつ、誰もが無理をすることなくはたらくことができる場を作ります。


こころをゆるめて、はたらく、生活する、を考えるため、
2020年10月に合同会社うみのなか商店を立ち上げました。
こころが疲れてしまった時、それは真っ暗なうみのなかで上も下もわからない、
どこへ向かって進めばいいかわからないような。
そんな時の目印のような灯台になりたいと考えています。

社会に疲れてしまった時、また社会に出ることが不安になった時、
はたらきたいと思う気持ちがある誰もに寄り添い、
一緒にはたらき、一緒に考え、
どうすれば誰もが無理をすることなくはたらき、
生活することができるのかを追求します。

こころやからだを休めることに、理由は必要ありません。

物理的に一時的に場を離れ、こころを回復し、自分を取り戻しながら、
また社会ではたらきたいと想う時、変わらず受け入れられる社会でありたいです。

体調や特性に合わせて、
誰もが違って、それが当たり前で、
違う誰もがありのままの自分ではたらくことができる、
生活することができる、そんな社会でありたいです。 



一人で抱えると大きな『責任』も、
二人、三人で抱えたらしっかり抱えながら立っていることができる。
一人が休んでいる時は、二人が少し足を踏んばったり、
そんな二人を見て四人目がサポートに入ったり。
こんなことが日々当たり前にできたなら、
わたしたちも社会に貢献する一事業になれると思うのです。

疲れたら休み、がんばりたい時は足を踏んばり、声をかけあい、
『こころをゆるめて、はたらく、生活する』を研究し、様々な取り組みを進めます。 



はたらきたいと想う誰もがはたらくことができる、そんな社会を目指します。
どうか皆様、お力をお貸しください。


合同会社うみのなか商店


はたらく総合研究所

今月のプロジェクト

一つ一つプロジェクトを進めていきます。